家計管理をこれから始めようと決意した際にやるべきこととは何でしょうか?とりあえず家計簿を付けてみますか?それとも節約術をネット検索してみますか?それもいいと思いますが、その前にやることがあります。

それはまず、今の家計の状態を正確に把握することです。家計の状態を正しく把握できなけければ、正しい目標も立てられませんし、家計のどこを改善すべきかわかりませんよね。

普段の家事を考えてみても冷蔵庫の中身を見ずに今日の献立を考える人はいないですよね。お財布の中身を確認せずに買い物に行くこともないですよね。(これは経験あるかもしれませんがW)

まずはご自身の家計の中身を見てみましょう。節約や家計簿はそのあとからでOKです。では、具体的に家計の中身とはどのように確認すればいいのでしょうか。一つずつ見ていきます。

1 収入を把握する

普通のサラリーマン世帯であれば、毎月の給料日に口座にお金が振り込まれることになると思いますので各種控除額を差し引いた手取り収入を把握しましょう。次にボーナスがある場合はボーナスの金額も概算で構いませんのでざっくり把握しておくといいと思います。

収家計管理の基本は収入の範囲内で暮らすことにありますから、まず使えるお金の上限を知ることは重要です。

収入額を把握する際の注意点としては、固定給と変動的な賃金を分けて把握していただくという点です。固定給とは基本給、通勤手当、住居手当、家族手当など毎月必ず支払われるものなので家計の基礎となります。変動的な賃金とは残業代や臨時ボーナスのことで、毎月収入として入ってくるわけではありませんから、この分は除いても家計が回るように管理していく必要があります。

2 支出を把握する

日々何気なく支払いをしていると毎月自分と家族が何にいくら使っているか正確に把握することが難しいと思います。まずは、ノートなどに毎月支払っている項目を思い出せるだけ書き出してみましょう。この段階ではすべてを正確に思い出すことはできないと思いますのでざっくりでいいと思います。

正確な金額の把握は実際に家計簿を付け始めるとだんだんわかってきますので安心してください。

普段、現金だけですべての支払いをしている場合は把握しやすいと思いますが、クレジットカードを利用している場合やネット決済、電子マネーを利用している場合はそのあたりもできる限り把握しておきましょう。

また、毎月の支出以外にも定期的な支出が予想される場合にはそれも含めて把握できていれば完璧です。

3 資産の把握

家計の中には現金以外にも普通預金、定期預金などの資産もあると思います。また家や土地、車など売却することでお金に換えることができるものも資産といえますので、できる範囲で把握しておきましょう。

また、貯蓄性のある生命保険、年金保険などもすぐには現金化できませんが固定的な資産といえますので、いままで払っている保険料の総額などから概算で把握しておくといいでしょう。

4 負債の把握

負債がある場合はその金額も把握しておくとよいでしょう。特に返済期間が長期にわたるものとして、住宅ローンを組んでいる場合は、残りの返済額に金利をふくめた総額と残りの返済年数もあわせて把握しておきましょう。

クレジットカードの返済は短期的な負債なので金額が大きくない場合は無視しても構いませんが、数十万円単位で利用している場合は金額と返済回数を確認しておきます。

まとめ

家計管理を始める際にまずやるべきことを紹介しました。実際にノートやエクセルなどに書き出してみると意外に支出が多いことに驚いたりり、予想以上にローンの返済が残っていて焦りを感じる方もいるかもしれません。

でも、その「このままじゃまずいなー」という感情が節約や家計簿を付け続けるモチベーションにもなりますし、まずは現実を受け止めることが家計管理の第一歩になりますので、是非一度時間をとってやってみることをおススメします。

家計管理のスタート台に立って、一緒に頑張りましょう!!