家計簿ってどのくらいの頻度でつけるのが正しいのでしょうか?

毎日もしくはお金の動きがあった都度記帳して、残額も常に合わせるのが帳簿のつけ方としては正しいと思います。

でも経理事務の仕事でもないのに忙しい主婦が毎日家計簿とにらめっこなんてしたくないですよね。

私はめんどくさがりなので毎日記帳するのはちょっと勘弁です。(ちなみに専業主婦ではありません)

正しい方法よりラクに続けられることのほうが大切だと感じていますので、つらくならない適度な頻度ってどのくらいなのか個人の偏見をも入れつつ考えてみました。

3日に1回ペース

まず週に2回程度、3日おきに記帳するペースの場合です。

毎日お金の出入りが生じる家計でも3日に一度記帳して残額を確認していれば、ほぼ家計の状況を正確に把握することは可能でしょう。

ただめんどくさがりな性格の人にはそれでも多いと感じてしまうと思います。

専業主婦のかたであればそれほど苦痛を感じることもないのかな?とう感じですかね。

週休2日で働いているサラリーマンにとっては、週中に家計簿を付ける必要が出てきますのでかなりハードルが高いと感じます。

毎週1回ペース

毎週1回ペースであれば、仕事が休みの日にまとめて1週間分の収支を家計簿に付けることが可能ですので3日に一回ペースより少し気持ち的にもラクに感じるでしょう。

予算管理を1か月を週単位に分けて行っている人にとっても、毎週進捗状況を確認する意味でも多くの人にメリットがあるペースといえるかもしれません。

 

2週間に1回ペース

2週間に1回の頻度は毎月のお金の出入りが比較的少ない人であれば、問題ないペースなのかなと思います。

ただ2週間サイクルにすると記帳するのを忘れてしまって、そのまま家計簿をやめてしまう危険性もありますので初心者にはおススメできないかもしれません。

しかも1月単位の支払額は確定していないものも多くこの時期にレシートや領収書の金額を書くだけというのはあまり効果的ではないように思います。

月に1回ペース

めんどくさがりな人は月に1回ペースくらいがちょうどいいでしょう。

月末(もしくは給料日、月初など)に必ず家計簿を付けると決めてしまえば忘れることも少ないですし、ひと月単位の支払額もすべて確定しているので中途半端な状態で保留にならずに締めの作業までできるのもメリットですね。

ただレシートを見ながら各項目を詳細に記入する家計簿を使用している場合は作業に膨大な時間がかかるので、つらくなる可能性が高いです。

なので月1回ペースで家計簿を付ける人は細かいところは気にしないでざっくり家計を管理できればいいという人には向いていると思います。

 

まとめ

今回は家計簿をつける頻度について書いてみましたがいかがだったでしょうか。

私は気まぐれで週末にちょこちょこ書いたりしますが、基本的には月末にまとめて作業していて、いまのところその頻度が性格的にあっていると感じています。

週単位での予算管理もしたほうがいいかなとも思っているところですので、今後はどうなるかわかりませんが…

みなさんもいろいろ試して自分の最適なペースをつかんでくださいね。