毎年5月頃に市町村から送付されてくる封筒。

もしくはお勤めであれば職場から渡されるであろう嫌な数字が書かれた通知。

そう、住民税のお知らせです。

住民税は、職場からの給与天引きであれば「特別徴収」といって職場の総務担当者を通じて税金の納付金額が通知される仕組みになっています。

自営業やパート勤務の方で直接納付書を使用して納める「普通徴収」の対象の方であれば、市町村から5月頃に6月~翌年の5月分までに納付しなければならない住民税額が通知されるはずです。

通知書を見て、気を失いそうになる金額が課税されていることに怒りすら覚えたことがある人もいるかもしれませんね。

この税金を一体何に使っているのか、ホントに有意義な使い方をしてくれているのかはとても疑問に思うところですが、今回の記事ではそこは本題ではないので深く突っ込まないことにしましょう。

ただ、何に使われているのかは気になるのでそのうち調べてみよう…。

ところで、この住民税の金額ってどうやって決まっているのか知っていますか?毎年数十万円も収めている税金のことを知らないのってどうかと思いますよ。

日々の買い物で特売を求めてスーパーをはしごしているあなた!その努力の前にまず毎年支払っている税金に関心を持ってください。

住民税は前年の1年間の所得に応じて課税される仕組みになっています。

基本的には所得税と似たような仕組みで、収入の多い人からは多く徴収し、収入の少ない人からは少しだけ徴収することになっています。(それでも結構な金額ですが。)

実は最近利用者の増えている「ふるさと納税」も市町村に寄付した(「ふるさと納税」という名前ですが税制上は寄付してるんですよ。)分の一部が住民税から減税される仕組みになっています。

なので、ふるさと納税を利用する際にはきちんと自身の住民税を計算しておかないと、100%その節税効果を狙うことはできないんです。

ふるさと納税のサイトを除くと、収入と家族状況からふるさと納税を100%活用できる寄付の上限金額が概算で紹介されているのですが、もう少し精度の高い仕組みがあったらいいのになと思っている人もいるでしょう。

私は「結局ギリギリいくらまでいけるの?」って思いました。

そこで、今回は住民税を自分で簡単に計算するエクセルファイルを自分で作ってみました。試しに計算してみたい方のためにシェアしたいと思います。

ダウンロードはこちらからお願いします。

⇒住民税計算ファイル ダウンロード

※↑をクリックするとエクセルファイルが開きますのでご自身のパソコンに名前を付けて保存などでダウンロードしてお使いください。

住民税は市町村によって計算法が若干違いますので、正確な金額を知りたい場合はお住いの市町村にお問い合わせください。

このエクセルファイルでは、収入や家族情報を正確に入力することでかなり近い金額を計算できるように作成してあります。

ちなみに、平成28年分の源泉徴収票(毎年職場から交付されていると思います。)の数字をもとに入力した我が家の平成29年度の住民税は実際の納付金額とぴったり一致しましたよ。

普通のサラリーマン家庭で、給与所得しかない場合はほぼ一致すると思いますが、実際の利用に際してはあくまで概算金額として利用していただくのがいいと思います。